リンパとは・・・

リンパとは、「リンパ液」・リンパ液が流れる「リンパ管」・わきの下や鎖骨など「リンパ節」の総称です。 リンパ管は、静脈と並行して体の中に張り巡らされている細い管で、リンパ液を流しています。 リンパ液が運んできた体内の老廃物や毒素は、リンパ管を通り、リンパ節へと流れ込み、ろ過されます。

リンパが滞ると・・・

リンパには、2つの働きがあります。

  • 「排泄」機能:身体の余分な水分、老廃物、毒素といった不要なものを出す。
  • 「免疫」機能:ウィルスや細菌が身体に回っていかないようにするフィルターの役割とともに、ウィルスや細菌を撃退する免疫の役割をする。

この2つの機能で私たちの身体を不調や病気から守っているリンパが滞ると、体のいろいろなところに不調が出てきます。
おもな不調は、疲れ・だるさ・肩こり・風邪・肌荒れ・冷え など・・・
これらは、単に「身体の不調」にとどまらず、病気の原因となることが少なくありません。

リンパマッサージとは・・・

リンパ節に働きかけリンパ液の流れをスムーズにすることが、体や肌のトラブル改善に大きな役割をもちます。 リンパマッサージとは、リンパ液の滞留を防ぎ、流れを良くする美容健康法です。 わきの下・おなか・脚の付け根などにあるリンパ節に向かってリンパ液が流れるように体をなでたりこすったりします。

リンパマッサージで効果のある主な体の部位

リンパマッサージ
鎖骨 首・肩コリ
背部・腰 背中のハリ・腰のコリ
腹部 おなか
ウエスト ウエストダウン
鼠径 脚上・脚のむくみ(ひざ上)

セルフリンパマッサージ

首と鎖骨まわりのリンパを流してリラックス!

自分でできるセルフリンパマッサージをしてみましょう。
鎖骨に向かってリンパを流すと、首まわりと顔のむくみもとれ、リラックスします。 首、肩こりの気になる方は試してみましょう。
リフトアップ効果もありますので、ちょっぴり小顔になるかもしれません...

※1〜4までで5〜10分を目安におこなってください。
※クリームやジェルを塗り、力を入れず、なでるようにやさしくさすっていきます。

セルフリンパマッサージ

左右どちらか片側が終わったら、どのくらいリフトアップしているかチェックしてみましょう。
終わったあとは、コップ1杯の水を飲むとリンパ液が流れやすくなり、さらに効果が上がります。

資料請求はこちら

セラピー体験はこちら

体験・相談はこちら

講座・受講料はこちら